ビタミンE食品カテゴリの記事一覧

ビタミンE食品について

ビタミンE食品について


ビタミンEはホルモンとは異なり、生体内で作ることはできません。


ビタミンEは熱や紫外線に弱く、酸化しやすい脂溶性のビタミンです。


ビタミンEが含まれている主な食品は、植物では植物油(小麦胚芽油、大豆油他)やアーモンド・ナッツ類に多く、動物ではアンコウ肝・ウナギ蒲焼などの魚介類やたらこ類に多く含まれています。


下記にビタミンEの含まれる食品を掲載してみました。


油脂類

ひまわり油 39.2mg とうもろこし油 24.3mg

綿実油 31.1mg 大豆油 19.5mg

サフラワー油 27.6mg マーガリン 19.1mg

米ぬか油 26.4mg なたね油 18.5mg


種実類

アーモンド 31.2mg ひまわりの種 12.6mg

ヘーゼルナッツ 19.0mg 落花生 10.9mg


魚類

すじこ 10.6mg いくら 9.1mg

からすみ 9.7mg うなぎ 7.4mg

キャビア 9.3mg たらこ 7.1mg


ビタミンEは、加熱しないでそのまま食べると効率よくビタミンEを摂取することができます。


またビタミンCと一緒にとると、抗酸化作用が一層高まりますよ。




Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。