ビタミンEの食材について

ビタミンEの食材について


ビタミンEを多く含む食材は以下の通り。


種実類(アーモンド、クルミ、ピスタチオ、ピーナッツ他)


植物油(オリーブ油、米油、サフラワー油、コーン油他)


アボカド、かぶ葉、だいこん葉、なばな、にら、赤ピーマン、モロヘイヤ、など


ビタミンEは抗酸化作用があり「若返り・老化防止」ビタミンとも呼ばれています。


体の錆びともいえる過酸化脂質は、有害で細胞膜を破壊し、ビタミンや酸素の働きを阻害し、老化現象やガン化の原因になると考えられています。


ビタミンEは体内の酸化作用で作られてしまった活性酸素を分解し、過酸化脂質ができないようにします。


その結果、動脈硬化も起きにくくなり、心疾患や脳卒中を予防することができます。


過酸化脂質は、40代にさしかかるとできやすくなるといわれます。


中高年者にとってビタミンEは欠くことのできないものです。


ビタミンEの食材(野菜)はこうして食べる

■1日に300g程度の野菜はとるように。

■旬のものを選ぶ。

■保存するほどビタミンは減るので早めに調理する。

■それでも保存するなら、調理してから冷凍しておく。




Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49620538

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。