ビタミンEの効果・効能

ビタミンEの効果・効能


植物油などに使われている酸化防止剤には、ビタミンEが使われています。


人間の体のなかでもっとも酸化の危険にさらされている生体膜や細胞の不飽和脂肪酸。


これが酸化され過酸化脂質が増えると体の機能が低下し老化現象を引き起こしたり、異常細胞を作って病気の原因になります。


この生体膜や、細胞に働きかけ酸化を防いでいるのも、ビタミンEです。


血中の過酸化脂質の量は40歳をすぎると急に増加しますから、40歳以上の方は積極的に取り入れていきましょう。


ビタミンEは、アーモンド、キウイ、いわし、かぼちゃなどに多く含まれています。


ビタミンEは、その抗酸化作用で血管の健康を保ち、血液をサラサラにして血管内を流れやすくします。


その為、肩の血流が滞って起こる肩凝り、冷え性などに改善してくれます。


ビタミンEは不妊に効果がある物質でそれはビタミンEが副腎と卵巣にたくわえられ女性ホルモンや男性ホルモンなどのステロイドホルモンの代謝に関わりがあるからです。


男性もビタミンEの投与によって、精子の数の増加、精力減退防止などのデータもあります。


末梢の毛細血管を拡張させるのもビタミンEの特性。


冷え性の人や肩凝りの人はビタミンEをしっかりとって、末梢血管の血液の流れをよくすれば、かなり症状が改善されるはずです。





Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ

ビタミンEの食材について

ビタミンEの食材について


ビタミンEを多く含む食材は以下の通り。


種実類(アーモンド、クルミ、ピスタチオ、ピーナッツ他)


植物油(オリーブ油、米油、サフラワー油、コーン油他)


アボカド、かぶ葉、だいこん葉、なばな、にら、赤ピーマン、モロヘイヤ、など


ビタミンEは抗酸化作用があり「若返り・老化防止」ビタミンとも呼ばれています。


体の錆びともいえる過酸化脂質は、有害で細胞膜を破壊し、ビタミンや酸素の働きを阻害し、老化現象やガン化の原因になると考えられています。


ビタミンEは体内の酸化作用で作られてしまった活性酸素を分解し、過酸化脂質ができないようにします。


その結果、動脈硬化も起きにくくなり、心疾患や脳卒中を予防することができます。


過酸化脂質は、40代にさしかかるとできやすくなるといわれます。


中高年者にとってビタミンEは欠くことのできないものです。


ビタミンEの食材(野菜)はこうして食べる

■1日に300g程度の野菜はとるように。

■旬のものを選ぶ。

■保存するほどビタミンは減るので早めに調理する。

■それでも保存するなら、調理してから冷凍しておく。




Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ

ビタミンEを含むDHC商品

ビタミンEを含むDHC商品


ビタミンEを含むDHC商品に「トコトリエノール(スーパービタミンE) 30日分」というのがあります。


よく薬局などでみたことのあるパッケージなので知っている方も多いと思います。


トコトリエノール(スーパービタミンE)1日1粒総重量335mg(内容量200mg)あたり総トコトリエノール105mg 【主要原材料】 トコトリエノール 【調整剤等】 オリーブ油【被包剤】 ゼラチン、グリセリン

1日1粒目安/30日分


値段は¥1,953 (税込) !!安い!!


パーム油など、天然の植物から抽出したビタミンEの一種。


ビタミンEよりも高い活性があり、スーパービタミンEとも呼ばれているトコトリエノールを手軽にとれるソフトカプセル。


原材料を確認の上、食品アレルギーのある方はお召し上がりにならないように気をつけてくださいね。。


もっと安いものだと「ビタミンE 30日分」があります。


ビタミンE 1日1粒総重量510mg(内容量335mg)あたりビタミンE(d-α-トコフェロール)301.5mg 【主要原材料】 ビタミンE含有植物油 【被包剤】 ゼラチン、グリセリン

1日1粒目安/30日分
お得な90日分もあります!


値段は何と¥325 (税込) !!


ビタミンEは体内で合成されない大切なビタミンです。


ビタミンEの中でも最も活性の高いd‐α‐トコフェロールを配合。


手軽にビタミンEの補給ができますよ。


是非お試しください!!





Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ

ビタミンE食品について

ビタミンE食品について


ビタミンEはホルモンとは異なり、生体内で作ることはできません。


ビタミンEは熱や紫外線に弱く、酸化しやすい脂溶性のビタミンです。


ビタミンEが含まれている主な食品は、植物では植物油(小麦胚芽油、大豆油他)やアーモンド・ナッツ類に多く、動物ではアンコウ肝・ウナギ蒲焼などの魚介類やたらこ類に多く含まれています。


下記にビタミンEの含まれる食品を掲載してみました。


油脂類

ひまわり油 39.2mg とうもろこし油 24.3mg

綿実油 31.1mg 大豆油 19.5mg

サフラワー油 27.6mg マーガリン 19.1mg

米ぬか油 26.4mg なたね油 18.5mg


種実類

アーモンド 31.2mg ひまわりの種 12.6mg

ヘーゼルナッツ 19.0mg 落花生 10.9mg


魚類

すじこ 10.6mg いくら 9.1mg

からすみ 9.7mg うなぎ 7.4mg

キャビア 9.3mg たらこ 7.1mg


ビタミンEは、加熱しないでそのまま食べると効率よくビタミンEを摂取することができます。


またビタミンCと一緒にとると、抗酸化作用が一層高まりますよ。




Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ

ビタミンEについて

ビタミンe(vitamin E) は脂溶性ビタミンの一種。1922年にアメリカで、ハーバート・エバンス (Herbert M. Evans) とキャサリン・ビショップ (Katharine S. Bishop) によって発見された。トコフェロール (tocopherol) とも呼ばれ、特に D-α-トコフェロールは自然界に広く普遍的に存在し、植物、藻類、藍藻などの光合成生物により合成される。医薬品、食品、飼料などに疾病の治療、栄養の補給、酸化防止剤としてビタミンeは広く利用されている。


ビタミンe食品ビタミンe食材は次の通りです。


ラッカセイ、大豆、アーモンド、小麦胚芽、植物油、マーガリン、マヨネーズ


ビタミンeを含むdhc商品は「トコトリエノール(スーパービタミンE) 30日分」が有名です。


ビタミンeの効能ビタミンeの効果に、疾病の治療があります。


ビタミンeが含まれる食べ物の代表は、ラッカセイ、大豆、アーモンド、小麦胚芽です。


天然ビタミンeサプリ42%off「γ(ガンマー)-トコフェロール 30日分」はdhaさんから販売されています。


ビタミンeのサプリメントならdhcさんから販売されている「トコトリエノール(スーパービタミンE) 30日分」、「γ(ガンマー)-トコフェロール 30日分」がオススメです。


ビタミンeの過剰摂取はよくありません。もちろんビタミンEだけでなくすべてのビタミンにいえることです。


ビタミンeを妊娠中に摂取する場合、抗凝結薬を使っている人は、ビタミンEのサプリメントを摂ってはいけません。


ビタミンeを含む食品で、特にビタミンeを多く含む食品は、ラッカセイ、大豆、アーモンド、小麦胚芽、植物油、マーガリン、マヨネーズです。


ビタミン e 摂取量を下記にまとめてみました。

目安量

成人男子(18-29歳) 9 mg/day
成人女子(18-29歳) 8 mg/day

上限量

成人男子(18-29歳) 800 mg/day
成人女子(18-29歳) 600 mg/day


ビタミンe100%(ナチュラル)は、nature made社の健康サプリ。


ビタミンeを含むオイルは、植物油と呼ばれるものならどれでも含まれています。


サプリメントでビタミンeを摂りたい方は、「トコトリエノール(スーパービタミンE) 30日分」、「γ(ガンマー)-トコフェロール 30日分」がオススメ。


ビタミンe、コエンザイムq10、ヒアルロン酸、ぶどう種子ポリフェノールを配合したサプリメントが「MVP コエンザイムQ10包接体+アルファリポ酸(αリポ酸) 60粒」です。


ビタミンeを多く含む野菜ビタミンeを含む食物)は下記の通り。

枝豆 オクラ 貝割れだいこん かぼちゃ グリーンアスパラガス

小松菜 ごぼう さやえんどう さつまいも さといも サラダ菜

春菊 だいこんの葉 たけのこ チンゲンサイ トマト にら

ピーマン ブロッコリー ほうれんそう


ビタミンceを主原料に使用した栄養補助食品に「ネオビタミンCE」というものがあります。


ビタミンeが不足すると「しみ」「血行不良」「肩こり」「頭痛」「しもやけ」「冷え性」 等の症状を引き起こします。 ビタミンEは脂溶性ビタミンですが、酸化しやすく熱に弱いです。(菜種油など) なのでドレッシング等にして熱を通さずに摂取すると効果的です。


ビタミンe誘導体は、従来のビタミンEに、グリシン誘導体というコラーゲンに欠かせないアミノ酸を結合させ、水溶性でしかもさらさらな使用感にしたものです。


ビタミンcとビタミンeを一緒に摂取することで、ビタミンCがビタミンEの抗酸化作用を高めてくれます。


ビタミンeの副作用が全く認められないビタミンEの摂取量(NOAEL)を800mg -TE相当量(1200IU)/日と米国のCRNが発表しています。


水溶性のビタミンe誘導体を「TDMG」と呼びます。


ビタミンeは主に抗酸化物質として働くと考えられている。抗酸化物質としての役割は、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ることである。フリーラジカルはDNAやタンパク質を攻撃することでガンの原因ともなりうる。


ビタミンeが不妊どのような影響を与えているのかというと、動物実験で、ビタミンEが不足すると不妊になるという結果が出ていることから、ビタミンEは不妊に効果があるとされています。


ビタミンeの多い食品は、ラッカセイ、大豆、アーモンド、小麦胚芽、植物油、マーガリン、マヨネーズです。


ビタミンeは育毛にいいと言われています。ビタミンEは活性酸素を減少させ、免疫機能を高め、抹消血管の流れをスムーズにします。これが育毛の促進につながるとされています。


ビタミンeの効用ビタミンeの効力は、細胞の酸化を防ぎ、過酸化資質が出来るのを予防します。老化防止。血管を広げ血液循環をよくしてくれます。


ビタミンeの欠乏症で、未熟児において、溶血性貧血、深部感覚異常及び小脳失調の原因となることが知られているが、通常の食生活で欠乏する事はない。


天然型ビタミンeは、d-αトコフェロールなど、合成型ではdl-α-トコフェロール、all-rac-トコフェロールなどと成分表示されています。


ビタミンeを過剰に摂取した場合の障害は認められない。ただし、脂溶性のため体内に蓄積しやすいことから、過剰摂取はすすめられない。


ビタミンeのトコフェロールはトコールのメチル化誘導体である。メチル基の位置により α, β, γ, δ の4種がある。また、トコフェロールの関連化合物であるトコトリエノールもビタミンE活性を持つが、トコフェロールに比べ活性は低い。


ビタミンeのiuとは、ビタミンに使われる重さの単位は、各ビタミンに応じて変わってくるのです。 現在、ビタミンの量をあらわす単位として「iu」が使われています。


スーパービタミンeトコトリエノールとは、研究の結果トコフェロールの50倍の抗酸化力を持っていることがわかりました。タンパク質の酸化を防ぎ、老化、心臓疾患、脳梗塞、ガンの原因であると言われているフリーラジカル(活性酸素)から細胞を守ります。


ビタミンeの抗酸化作用は、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ることである。


ビタミンeを含む食材には、ラッカセイ、大豆、アーモンドがあります。


ビタミンeは生理不順を整えてくれる作用があります。


ビタミンeの働きは、抗酸化作用といわれ、体内で暴れ者を捕まえて、サビができることを防ぐ働きです。他に、生体膜を安定化する作用や細胞の中でいろいろな物質間の情報伝達を円滑にする作用も知られています。




Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ
タグ:ビタミンE
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。