ビタミンEの効果・効能

ビタミンEの効果・効能


植物油などに使われている酸化防止剤には、ビタミンEが使われています。


人間の体のなかでもっとも酸化の危険にさらされている生体膜や細胞の不飽和脂肪酸。


これが酸化され過酸化脂質が増えると体の機能が低下し老化現象を引き起こしたり、異常細胞を作って病気の原因になります。


この生体膜や、細胞に働きかけ酸化を防いでいるのも、ビタミンEです。


血中の過酸化脂質の量は40歳をすぎると急に増加しますから、40歳以上の方は積極的に取り入れていきましょう。


ビタミンEは、アーモンド、キウイ、いわし、かぼちゃなどに多く含まれています。


ビタミンEは、その抗酸化作用で血管の健康を保ち、血液をサラサラにして血管内を流れやすくします。


その為、肩の血流が滞って起こる肩凝り、冷え性などに改善してくれます。


ビタミンEは不妊に効果がある物質でそれはビタミンEが副腎と卵巣にたくわえられ女性ホルモンや男性ホルモンなどのステロイドホルモンの代謝に関わりがあるからです。


男性もビタミンEの投与によって、精子の数の増加、精力減退防止などのデータもあります。


末梢の毛細血管を拡張させるのもビタミンEの特性。


冷え性の人や肩凝りの人はビタミンEをしっかりとって、末梢血管の血液の流れをよくすれば、かなり症状が改善されるはずです。





Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ

ビタミンEの食材について

ビタミンEの食材について


ビタミンEを多く含む食材は以下の通り。


種実類(アーモンド、クルミ、ピスタチオ、ピーナッツ他)


植物油(オリーブ油、米油、サフラワー油、コーン油他)


アボカド、かぶ葉、だいこん葉、なばな、にら、赤ピーマン、モロヘイヤ、など


ビタミンEは抗酸化作用があり「若返り・老化防止」ビタミンとも呼ばれています。


体の錆びともいえる過酸化脂質は、有害で細胞膜を破壊し、ビタミンや酸素の働きを阻害し、老化現象やガン化の原因になると考えられています。


ビタミンEは体内の酸化作用で作られてしまった活性酸素を分解し、過酸化脂質ができないようにします。


その結果、動脈硬化も起きにくくなり、心疾患や脳卒中を予防することができます。


過酸化脂質は、40代にさしかかるとできやすくなるといわれます。


中高年者にとってビタミンEは欠くことのできないものです。


ビタミンEの食材(野菜)はこうして食べる

■1日に300g程度の野菜はとるように。

■旬のものを選ぶ。

■保存するほどビタミンは減るので早めに調理する。

■それでも保存するなら、調理してから冷凍しておく。




Copyright (c) ビタミンE食品ビタミンE効能. All rights reserved.


ビタミンE食品やビタミンE効能サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。